スケジュールの管理には Outlook の予定表を使っています。

そして、iPhone でも Outlook に登録したスケジュールを見ることができように、 Google Calendar Sync を利用して、 Outlook 予定表 ←→ Google カレンダー ←→ iPhone スケジュールアプリと同期しています。

Outlook 予定表は、メールをカレンダーの予定日にドラックすれば、スケジュールとして簡単に登録することができ、スケジュール内容に乗り換え案内の情報や地図のURLなどを追加しておくことで、iPhone の時刻表や地図アプリを利用することが出来るのて、とても便利です。

Google Calendar Sync  が完全終了。その代替に gSyncit を使う

Google Calendar Sync は、2 年ほど前にサポートが終了していましたが、2014 年 8 月 1 日以降、Google カレンダーと Outlook 予定表は行われない、とのメールが Google から届きました。

スケジュール管理を便利に使える環境は必須となっていましたので、Outlook 予定表を同期できるソフト、gSyncit を使うことにしました。
※gSyncit は、Outlook と Google カレンダーの同期だけではなく、各種クラウドサービスとデータの同期ができます。

Outlook 予定表と Google カレンダーの紐付け 

Outlook 予定表ではビジネスのスケジュール管理だけを行っていましたが、この機会にプライベートのスケジュールも同期できるよう対応付けの設定しました。

Outlook予定表 Googleカレンダー 
 outlook同期 予定表  Googleカレンダー
  予定表    ビジネス 
 P予定表    プライベート 

 2つの Calendar Mapping の作成

Google Sync で Outlookの 「予定表」と「P予定表」ごとにCalendar Mapping を作成しました。

・予定表
 21-gSyncit設定

・P予定表
2102-gSyncit設定

2つのCalendar Mapping が作成されました。
02-gSyncit設定

同期のテスト結果

・Outlook予定表
11-outlook予定表画面

・Googleカレンダーの表示12-googleカレンダー

・iPhone アプリでの表示

 ・iPhone の標準カレンダー
カレンダー

 ・SaSuke カレンダー
SaSuke

 ・Flashback カレンダー
Flashback

参考情報

gSyncit4のダウンロードはこちらから。
http://www.fieldstonsoftware.com/software/gsyncit4/

 

【重要】V1、V2、V3 を利用している場合、2014年11月17日より gSyncitを使っての Google カレンダーの同期は出来ません
gSyncitを使っての、Outlook 予定表とGoogleカレンダーの同期が出来なくなりました。